2014年09月08日

垂水大波止で飲ませ&エギング

昨日はTFCのまさ、蔵、蔵の友達のおさむ君と、久々に垂水漁港大波止に行って来ました。狙うはシーズン真只中の青物とアオリです。朝まで雨が降っていたので、止むのを待って、現地到着は午前6時と遅め。到着後、すぐにサビキをセットし、エサとなる小アジを釣ります。約1時間ほどで30匹を確保。サビキの途中で珍しい魚が泳いでいたのでタモで掬います。それがこれ。

004.JPG

家に帰って、ネットで調べると「アミモンガラ」と言う魚です。温帯〜熱帯の主に珊瑚礁帯や岩礁帯に着く魚で、幼魚は稀に流藻に着いて漂流し、この様に日本沿岸の港や浅場に辿り着く様です。15pほどの幼魚なので、写真撮影後はリリース。さて、サビキ終了後は飲ませの前に少しだけエギング。お土産用にアオリを2杯確保して、7時30分より青物を狙います。この頃になると、朝の雨がウソの様に真っ青な初秋の空が広がります。

005.JPG

潮は絶好の東流。まずは3ヒロのタナを取って、沖へ遠投します。すると1投目からアタリがありますが、犯人はアオリです。すぐにエサを交換して2投目。今度は暫くしてウキが一気に消し込まれるアタリ。本命の青物がヒットです。小型のため、難なくタモ入れ完了です。

007.JPG

回遊中に何とか2本目をとその後も何度もトライしますが、青物のアタリは全くありません。その後は青物狙いを諦め、孫針を付けてアオリを狙います。アタリは頻繁にあるのですが、型が小さいためなかなかフッキングしません。10時頃に何とか14pを1杯掛けましたが、時間が経つに連れアタリも遠のき、お昼からは全く反応が無くなります。結局、その後もダメ元で粘りましたが、暑さと睡魔に耐えきれず15時に納竿とします。同行のメンバーも終日キャストを続けましたが、アオリの反応はさっぱりでした。この日は他にもエギンガー達が結構居ましたが、8時以降は全く釣れている気配はありませんでした。雨後で濁りが入り、また後半は潮が走り出し、条件が悪かったのかもしれません。ただ、青物に関しては、毎日回遊がある様で、暫くは狙う価値がありそうです。

006.JPG

■ 釣果 ■
ツバス32p 1尾 アオリ12〜14cm 3杯
■ タックル ■
竿:2号5.3m 道糸:2.5号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号 ウキ:2号 タナ:3〜4ヒロ エサ:小アジ
竿:エギングロッド 道糸:PE0.8号 リーダー:1.7号 エギ:アジカラー2号
posted by tarumit at 07:16| 釣り