2014年08月24日

今シーズン最初のアオリ狙い

昨日23日は、用事が早めに終わり、夕方に帰宅。夕食後、外を見ると予報では雨となっていますが、その気配はありません。アオリのシーズンインを迎えるこの時期、どうしてもその状況を確認したく、雨が降れば止めるつもりで急遽、垂水西エリアに向かいます。すると、現地に到着してすぐに大粒の雨が落ちて来ます。いきなりの雨で出鼻をくじかれましたが、暫く雨宿りをしていると15分ほどで止み、20時に開始です。まずはワンドの北側を探って行くと1投目からヒットです。小振りではありますが、今シーズンのファーストヒットでテンションが上がります。

023.JPG

その後も同場所で小型を3杯釣って5番へ移動します。南風が強いため、沖向きにはキャストが出来ません。ここでもワンド内をくまなく探り5杯を追加した所で20時30分となり終了します。結局9杯のアオリが釣れましたが、殆どが10p以下のリリースサイズでした。小型ばかりでしたが、約1年振りのアオリの味をどうしても賞味したく、10p、12pの2杯のみキープして晩酌のアテにしました。久々のアオリの糸造りの味は格別でした。

024.JPG

■ 釣果 ■
アオリ7〜12.5cm 9杯
■ タックル ■
竿:エギングロッド 道糸:PE0.8号 リーダー:1.7号 エギ:サバカラー2号
posted by tarumit at 12:05| 釣り

2014年08月18日

後片付け

昨日は朝に家に到着。天気予報では曇り時々雨だったのですが、外を見ると晴れています。1日ゆっくりするつもりだったのですが、朝一からキャンプの後片付けをします。衣類もテントもシュラフもイスもテーブルも、持って行ったものは殆ど全て雨のお陰でビショビショです。マンションの空いている駐車場を借りてテントを設営、その他キャンプ道具も一式並べて1日掛けて乾かしました。嫁さんは洗濯で1日中フル稼働です。何とか夕方までにはほぼ完了しました。それにしても、今回のキャンプは殆どが雨で何も出来ませんでした。それでも、チビにとっては色んな人と出会い、色んな経験をして一まわり成長した様に思えます。1歳半で始めたキャンプですが、当時はただ遊ぶだけでした。今回は、遊ぶだけで無く自分の意思でお手伝いをして、人の役に立とうと努力していました。山で食べると何でも美味しいと言いますが、今まで食べれなかったものも全部食べれる様になりました。我々大人達は1日中することが無かったので、ひたすら食べて飲んでを繰り返していましたが、チビにとってはとても有意義な6日間だったと思います。
posted by tarumit at 22:40| キャンプ

2014年08月16日

夏キャンプin奥飛騨 6日目

今日が最終日です。やはりこの日も朝から土砂降りです。もう1日滞在の予定でしたが、今夜から明日にかけて雨が強まるとのことで1日早めの撤収です。

16.1.jpg

撤収の準備をしているとK山家のあいりちゃんと約10年振りの再会です。昨日遅くにキャンプ場に来たとのことです。前に会った時はまだ小学生だったのに、もう来年は大学受験とのこと。当時はうちの嫁さんに良くなついてキャンプ場でもずっと一緒に遊んでいました。あいりちゃんも当時のことを良く覚えていて、久々の再会に話が盛り上がりました。

16.2.jpg

その後、暇そうにしているチビにS澤さんがおもちゃを提供。ドラマーのS澤さんが持って来たのは大きな平皿とスティック。S澤さんのレクチャーの後、見よう見まねでひたすら叩いてました。音楽は幼稚園で習った童謡集。ドラムとは無関係な音楽ばかりでしたが、本人は必死でした。

16.3.jpg

土砂降りの中での撤収で全身ズブ濡れ、寒さで耐え切れなくなりキャンプ場近くの「平湯の森」と言う日帰り入浴施設に行きます。お盆と言うこともあり、超満員。まさに「芋洗い」状態です。入浴後、明日に帰るK山家、H内家、S澤家に挨拶を済ませ、14時にキャンプ場を後にします。そのまま真っすぐ帰るつもりでしたが、どうしても見たいものがあったので逆走します。ちょうど雨も止んで、ガスが切れたので可能性はゼロでは無いと信じ向かったのは新穂高の少し手前にある展望台です。そこで見たのがこれです。

16.4.jpg

北アルプスの名峰「槍ヶ岳」です(写真中央の尖がった頂)。まさかとは思いましたが、絶妙のタイミングでガスが切れ、雲も上昇してくっきりとその姿を現してくれました。平湯でのキャンプは毎日が雨で、テンションも下がりっぱなしだったのですが、最後に槍の雄姿を拝めてこの6日間の締めくくりが出来ました。その後、同じく名峰の「笠ヶ岳」を見に北アルプス大橋まで行きましたが、僅か10分の間にガスが立ち込め、その姿を見ることが出来ませんでした。帰りは再び高山に寄って夕食を取り、来た道を戻って行きましたが、郡上八幡を超えた辺りから豪雨に見舞われ進むことが出来ずに立ち往生。雨が小振りになり再び運転を再開しましたが、今度は睡魔との闘いです。何とか耐えましたが名神多賀SAでギブアップ。ここで朝まで仮眠して17日早朝に家に到着しました。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ