2014年06月04日

垂水西5番(7回目)

日曜夜にプチ旅行&釣り大会から帰り、月曜は昼からノンストップで仕事。翌朝にようやく終わり、そろそろ寝ようかと思いきや、何となく胸騒ぎが。時刻は午前4時30分。思案することなく、気が付けば冷凍庫からオキアミのブロックを取り出し、必死になって砕いている私。と言うことで、またまた垂水西5へ行って来ました。別に体力の限界に挑戦している訳ではないのですが、今週は水曜から雨が続くとのことで、行くなら「今でしょ」と言うことになった訳です。現地到着は6時。既に角のポイントには常連さんが入っていたので、2番目に釣座を構え6時半過ぎにスタートします。

003.JPG

潮は穏やかですが、既に際には大量のオセンが、沖にはミサイルの如くボラの大群が列をなして、私が打つマキエを待ち構えています。彼らの期待に応えるべく、際と沖にそれぞれマキエを数発投下、少しはずした場所に2発を打って、仕掛けを投入します。すると、1投目からグレがヒット。型は28pとまずまずです。その後も釣れ続き、開始30分で5枚キープします。しかし、マキエが効き出すとオセンもどんどん沖に広がり、サシエが全く通らなくなります。ここでモーニングサービスは終了。ここから、超遠投に変え、グレを単発で拾って行きます。11時の時点で目標の15枚をゲットです。早めの昼食をとり後半戦に臨みます。しかし、その頃から急激な当て潮になり、遠投してもオセンの餌食となってしまいます。更に昼前より向かい風が強まり遠投も出来ません。予報では昼から6mの風となっていましたが、それ以上吹いている感じです。この状況に周りの釣り人も我慢しきれず帰り仕度を始めます。気が付けば、釣り人は私のみ。私も止めれば良かったのですが、マキエがまだ残っているため、使い切るまでは帰れません。マキエの顔面シャワーを何度も浴びながら続けましたが、まともな釣りも出来ずにようやくエサ切れで13時過ぎに納竿とします。結局、昼からは1枚も釣れず、エサの無駄使いになってしまいました。ちょっと粘り過ぎました。

004.JPG

■ 釣果 ■
グレ21〜29cm 15尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00
タナ:0.5〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤1/2袋+パン粉3kg+ヌカ4kg
posted by tarumit at 10:21| 釣り