2014年05月29日

垂水西5番(6回目)

垂水のグレもそろそろ浮く頃、数釣りシーズンも間近と言うことで、昨日はTFCのせきやんさん、蔵と行って来ました。すると現地で同じくTFCのYHさん、さわいちさんも来られており、更に常連さんも加わり7人並んでの釣りとなりました。私は角から4番目に入り、6時半頃開始。

002.JPG

大潮で最強潮流時と重なり、釣座正面は潮がかなり複雑に動きます。軽い仕掛けでは、なかなか入らないため、潮に応じてガン玉を付けたりはずしたりして調整します。ファーストヒットは角に入ったさわいちさん。その後も順調に掛けて行きます。その後、遅ればせながら、私にも小ぶりのグレがヒット。しかし、なかなか連発しません。オセンの動きが複雑でマキエでの分離が難しい上に、潮の流れが速く、なかなか思う様な釣りが出来ません。遠投したり、潮のヨレを探りながら、ぽつりぽつりとグレを拾って行きますが、連発しないグレに段々と嫌気を感じ、徐々に休憩タイムが増えて行きます。潮が緩むのを待って、昼過ぎに再開。当て潮も無くなり、潮はゆっくりと左へ流れています。軽い仕掛けで2〜3ヒロでグレは喰って来ますが、相変わらず連発しません。しかし、潮が右に流れを変えて暫くすると、ようやく待望のグレが目で確認出来るタナまで浮いて来ます。ただ、単独では浮くことは無く、オセンの群れの先端で且つ、ボラの集団の下にしか浮きません。これを狙うべく、ウキ下を矢引きに変更します。しかし、グレの群れのど真ん中に仕掛けが入っているにもかかわらず、サシエには殆ど見向きもしません。しかも、7人がマキエをするので、その度にグレの群れは右へ左へとすぐに移動してしまいます。そのためチャンスは5秒ほど。その間にアタリが無ければ仕掛け回収です。そんな状況が3時間ほど続きましたが、その間に釣れたグレは3枚のみ。本当に疲れる釣りです。その後、16時頃まで粘りましたが、グレは浮くこと無くこの日の釣りを終了。数的には不満が残る結果となりましたが、それでもTFC5人で50枚近く釣れましたし、久々の仲間との再会で楽しい1日を過ごすことが出来ました。

a.jpg

■ 釣果 ■
グレ22〜28cm 13尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ2、3号 ウキ:M-00
タナ:0.5〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤1/2袋+パン粉4kg+ヌカ4kg
posted by tarumit at 16:19| 釣り