2014年05月26日

エサ光チヌ釣り大会

5/25、須磨の釣り具店「エサ光」さん主催のチヌ釣り大会に参加して来ました。毎年恒例の釣り大会で、今年はTFCから9名がエントリー。須磨海岸沖に浮かぶ7本の波止を舞台に、チヌ1尾長寸を競います。抽選で私は5番波止へ。

060.jpg

5番には約30名が渡り、外向きテトラ側、内向きケーソン側にそれぞれ大凡半数ずつに分かれて6時スタート。同じ5番に上がったTFCのとっちゃんが外向き東先端、せきやんさんが内向き東先端、遅れてやって来た西村君がその横のケーソン側、ひろさんが西側に入ります。私は当初、ケーソン側に入る予定だったのですが、空いている場所が無かったので外側テトラの東端に釣座を構えます。

061.jpg

まずは全遊動で探って行きますが、サシエが一瞬で無くなってしまいます。良く見ると海面には大量のオセンが漂っています。マキエが効き出すとその数も増え、一面オセンだらけとなります。こうなれば、軽い仕掛けでは太刀打ちできないため、ウキを2Bに、タナ4ヒロの遊動仕掛けに変更します。ちょうどその頃から当て潮になって来たので、際にオセンを集め、遠投で沖から際に寄せて竿3本先〜テトラ際のオセンの下の層を探って行きます。このパターンでようやくオセンはかわせる様になったのですが、他の魚が引っ切り無しに当たってきます。まず、厄介なのがこれ。

063.JPG

その後はこいつのオンパレード。

062.JPG

9時頃になると、潮が東向き当て気味に流れ出し、やり辛くなります。ガン玉を追加して、仕掛けを止めて際狙いに変えると今度はガッシー君が入れ喰いに。色々試しますが、なかなか結果が出ずにお手上げ状態です。暫く釣りを中断して周りの様子を伺いに偵察に行きます。10時の時点で5番では釣果がありません。内向きは潮が緩やかで釣り易いのですが、生命反応が殆ど無いとのこと。外向きは潮の流れとオセンで苦戦している様です。10時半頃、再び釣座に戻り再開しますが、状況に変化は見られません。半ば諦めかけた頃、内側東向き先端付近で賑やかな声が聞こえて来たので目をやると、西村君の竿が大きく曲がっています。何と、チヌを掛けています。その後、横のせきやんさんにもチヌがヒットします。とうとう待ちに待った時合い到来かと、私も残ったマキエを大量に打ってアタリを待ちます。この頃になると潮も穏やかになり釣り易いのですが、依然オセンは多く、仕掛けが通っても喰って来るのはガッシーばかりです。時間も残り20分、まだまだ残っているマキエ爆弾を更に大量に投下します。「最後まで諦めない」を信条に全神経をウキに集中していると、モゾモゾと沈んだ後、視界から完全に消えて行きます。ようやく本命の感触が手に伝わって来ます。最後の最後に小型ではありますがチヌをゲットです。残り15分も必死になって攻めて行きましたが、その後はアタリ無く競技終了。結果、5番で釣果のあった選手は4人のみ。全体でも19名のみと言う、何とも寂しい結果となりました。TFCからは5番の3人のみに釣果があり、西村君が10位、せきやんさんが15位、私が16位でそれぞれすばらしい賞品を頂きました。今回、主催頂きました「エサ光」さん、ありがとうございました。

064.jpg

最後はメンバー全員で記念撮影。

065.jpg

3人の釣果です。

066.jpg

■ 釣果 ■
チヌ37.7cm 1尾 ガシラ10〜24p 15尾 ベラ、フグ多数
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ2、3号 ウキ:M-00、M-2B
タナ:3.5〜4.5ヒロ サシエ:オキアミ、ネリエ マキエ:オキアミ3kg+集魚剤2袋++ヌカ3kg
posted by tarumit at 11:27| 釣り