2014年05月07日

淡路・仮屋でグレ狙い

GW最終日の6日、ようやくチビから解放され、釣りに行って来ました。遠出は帰りの渋滞が心配なので近場の淡路へ釣行です。向かった場所は8ヵ月ぶりの仮屋漁港。マイナーな釣り場なので、休日にもかかわらずテトラ側はがら空きです。西側からまさ、私、蔵の順番に入り8時頃スタート。まずはウキ00の全遊動仕掛けで沖20m付近を探って行きます。際にはオセンが群れていますが、動きが鈍く沖には全く出ません。暫く仕掛けを流して行きますが、全く反応が無いため回収するとサシエが残っています。こう言う場合、いつもはオセンが出るぎりぎりに仕掛けを入れ、オセンの先に出るグレを狙うのですが、この日は3人で2枚長寸のおにぎりをしているので、あえて朝一の良型を狙うべく更に沖を探って行きます。投点は30m先に変更。10m先、20m先にマキエを単発で打ち、更に縦撒きを入れて、オセンをどんどん沖へ動かして行きます。仕掛けを入れて約3分、ウキがかすかに沈んだのを見て大アワセを入れます。

001.JPG

まずは30p弱の良型をゲット。続いて27pを追加しますが、モーニングサービスは15分ほどで終了。その後は沈黙の時間が過ぎて行きます。私のアタリが遠のくと西に入っているまさが今度は連発です。

002.JPG

暫くして東の蔵にもエンジンが掛かり、グレを掛けて行きます。

003.JPG

しかし、3人とも数枚釣ると沈黙、数枚釣ると沈黙と言うパターンでなかなか入れ喰いモードにはなりません。お昼前になると潮も速くなり、また向かい風も強まり苦戦が続きます。釣れるパターンはいつまで経っても分からず仕舞いですが、何とか単発でグレを拾って行きます。16時頃からは風も無くなり釣り易くなったのですが、同時にアタリも殆ど無くなり、エサ切れで17時半に納竿とします。結局、3人で40枚ほど釣り、30pオーバーが6枚出ました。

005.JPG

この日は前半、グレは2〜3ヒロで釣れましたが、マキエが効きだすと1ヒロ前後まで浮いて来ました。ウキ下を浅くして浮いたグレを狙ったのですが、グレの型が小さい上に、喰ってはすぐに吐き出すためにアタリは一瞬しか出ません。マーカーの動きだけでアワセましたが、それで釣れたのは1枚のみ。蔵もアタリウキを付けて即アワセで掛けていましたが、なかなか連発とまでは行きませんでした。シーズン序盤だけにまだまだグレの活性は本調子では無さそうです。因みにおにぎりは32p、31.5pの2枚で私が頂きました。

004.JPG

■ 釣果 ■
グレ22〜32cm 17尾
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号 ウキ:M-00、L-00
タナ:1m〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤2袋+ヌカ3kg
posted by tarumit at 09:17| 釣り