2014年05月03日

垂水西5番(3回目)

5/2、TFCのせきやんさんと釣行。平日と言うことで当日はゆっくりめの到着。しかし、釣り場は満員で入るところがありません。取りあえず、釣りの準備で時間を潰し、待つこと約1時間、ようやく数人の釣人が帰ったので10時半より釣り開始。ウキ0号にG8×3を打って3ヒロ〜4ヒロを探って行きます。開始10分、幸先良く1枚目がヒットしますが、型は21pと小ぶり。その後、潮が左に速くなるとアタリは全く無くなり昼を迎えます。

IMG_2014050240978.jpg

午後からは前々日の雨の影響か、多少濁りも入り、潮も右へ左へと定まりません。オセンも出たり出なかったりと活性はイマイチです。そんな中、13時頃、ようやく2枚目がヒットしますがまたも後が続きません。すると14時頃から潮が緩み出すと、突然オセンが活発に動き出す様になります。と同時にオセンの群れの先にグレらしき集団がチラホラと見え出します。マキエを拡散して、帯状に撒き、オセンを沖へ沖へと動かして行と、青白い姿がくっきりと見える様になります。まさしくグレです。数にして2、30匹の集団が1〜2ヒロ辺りでマキエを捕食しています。すかさず仕掛けを交換。ウキを00、ガン玉を全てはずし、ウキ下1m〜2ヒロを探って行きます。エサもオキアミに替え、粘ること30分、ようやく3枚目がヒット。4枚目を狙いますが、オセンの動きが一定で無いため、グレの動きもつかめにくくなかなかヒットに繋がりません。何とか必死のパッチで2枚を追加しますが、16時頃より完全に潮が止まるとオセンも消えてサシエも残る様になります。周りの釣人達も帰り仕度を始め、私も残ったマキエを全部撒き終え、ラスト1投とします。仕掛けが3ヒロほど入っても何ら反応が無いため、そろそろお開きにしようと思った瞬間、穂先が微妙に動きます。「アタリかな?」と思い、大きくアワセを入れると今日1番の手応え。ラストにして29pをゲットし、気持ち良くこの日の釣りを終えます。せきやんさんもアベレージサイズを2枚ゲットし、お互い何とかお土産を確保。シーズン的にはまだまだアオサでも喰って来るとは思いますが、この日の結果を踏まえ、次回からは本格的にオキアミで狙って行きたいと思います。

IMG_2014050225677.jpg

■ 釣果 ■
グレ21〜29cm 6尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-0、00
タナ:1m〜4ヒロ サシエ:アオサ、オキアミ マキエ:集魚剤1袋+ヌカ3kg +アオサ0.3kg
posted by tarumit at 03:42| 釣り