2014年03月29日

妻鹿釣行第8弾

27日に黒闘会の田中君から「明日、妻鹿に行きませんか?」との突然の電話。急な話ではありましたが、天気も良さそうだったので、TFCのせきやんさんをお誘いし、今シーズン8回目となる妻鹿へ行って来ました。現地で釣志会長谷川会長、竹本さんとも合流、3人は北から2、3、4番目に入られたので、私は北隅、せきやんさんが5番目に入って、6時半頃より釣り開始です。

078.JPG

私が入った北隅は潮が緩いのと、左側に釣り人が居ないため釣り易いのですが、北側に東西に延びるテトラ際にはフグやタナゴが山ほど居るために、極力テトラ帯に仕掛けが近づかない様にしなければなりません。そこで今回はウキをL−000に設定、遠投でやや右側の温排水際を探って行きます。ファーストヒットはせきやんさん。釣れたのは40pほどのセイゴでしたが、これを見て気合いが入ります。しかし、ここ最近チヌの喰いが落ちて来ているとのことで、スタートダッシュはどこも見られません。私も沖に出る潮が速過ぎて手の打ち様がありません。しかしそんな中、開始30分に長谷川会長、竹本さんがようやくチヌを仕留めます。妻鹿に精通されているだけにさすがです。2人のヒットが合図の様に、周りでもぼちぼち釣れ始めます。私も開始1時間、ようやくチヌがヒットしますが、寄せて来る時に痛恨の高切れ。ウキもロストし、テンションは急下降です。ウキを00に交換、鉛シールを貼って−00に調整して再開します。開始1時間半、スプールに巻いてある道糸がほぼ無くなる位流した時、ようやく待望のアタリです。40pほどの中型でしたが、100m近くを逆流の中で寄せて来たため腕はパンパンです。その後も単発で4枚追加して前半終了です。

079.JPG

長谷川会長の足元にはなぜか女子がいます。実は妻鹿では珍しく女子アングラーが2人来てまして、釣る場所が無いため我々の間に入れてあげました。幸いにも短竿で穴釣りをしていたので、全く邪魔にはなりません。なかなか粘り強く、25pを超えるガシラも含め、10匹以上釣っていました。立派、立派。

081.JPG

さてさて、私はと言うと、11時頃から北側のテトラから茶色い潮が突然湧き出し、全く生命反応が無くなったため、しばし女子組との会話に時間を費やします。11時半頃になると、12時便で帰る釣り人達が帰り仕度を始めたため、濁り潮の影響の少ない中央付近(北から6番目)に移動します。チヌ用のエサもちょうど無くなったため、前回牟岐で余ったマキエを使い、グレを狙います。際には以前よりも増してタナゴが湧きまくっています。ダメ元で際に仕掛けを入れますが、やはりサシエは秒殺です。竿1本先でも状況はさほど変わりません。沖を狙うとサシエが残ります。そこで前回同様、際から3m位の所にボラを寄せて、その直下の浅ダナを狙って行きます。すると暫くして待望のグレがヒット。しかし、流れが川の様に速いため、流れに沿ってボラも移動するので、なかなかタイミングが上手く掴めません。たまに緩む潮を待って、タナゴをマキエで際に釘付け、ボラを山ほど寄せて、更にボラが散らない様に少量のマキエを数秒間隔で打ち続けて行きます。一流し30秒ほどの短時間勝負ですが、タナゴ2に対してグレ1の割合でヒットして行きます。後半はマキエの入り過ぎで喰いは止まりましたが、何とか18枚をゲット、14時半となったためこの日の釣りを終了します。ご参考までに、ここでのこの時期のグレ釣りはボラがキーポイントになります。3、4匹では効果はあまりありませんが、大量に集まるとタナゴが恐れをなして沖に出なくなります。グレもテトラからあまり離れ無いため、竿1本までを狙います。グレはこぼれマキエを拾うため、ボラのすぐ直下まで浮いて来ます。それを狙うわけですが、ボラもサシエを吸い込むためアタリの見極めが肝心です。マーカーが水平に移動した時は大概ボラです。グレのアタリはほぼ垂直に出るので、その時だけ合わせる様にします。この日も間違って合わせてしまい2回ボラを掛けて往生しました。さて、当日の釣果ですが、竹本さんが2ケタ達成、昼に帰った長谷川会長、田中君も数枚をゲット、せきやんさんも4枚を釣り上げ、厳しい中何とか全員がチヌを拝めることが出来ました。そろそろエサ取りも増えて来たのと、乗っ込み終了間近でチヌは下火に、代わってグレが上向いて来ると思われます。

082.JPG

■ 釣果 ■
チヌ31〜52cm 5尾 グレ27〜33p 18尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.2号 針:チヌ2号、グレ3号 ウキ:L-000、L-00、S-00
タナ:矢引き〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤1袋+ヌカ2kg、余りエサ
posted by tarumit at 09:50| 釣り

2014年03月23日

牟岐津島釣行第2弾

昨日、TFCの3104k君、蔵之臣君と久々に牟岐津島へ行って来ました。2月中旬から釣れ続いていたグレもそろそろ下火になって来たので、シーズンが終わる前に行こうとのことで、今回の釣行となりました。船には定員いっぱいの13人が乗り込み6時過ぎに出船。今回こそと気合いを入れた船内クジでは3104k君が4番、私が7番、蔵が9番とスカを引くありさま。しかも、磯割り抽選でも5番を引き、これで2年前から4回連続の「ワレ」に上がることになりました。メインとなる表側はクジ番上位が独占、我々3人は裏となる「船着き」に降ろされます。幸いにも表の「スベリ横のトビワタリ」が空いていたため、クジ番の最も若い3104k君が上がり、私と蔵はそのまま「船着き」で7時半より釣りを開始します。裏は全体的に底が見えるほど浅く、潮も殆ど動きません。こんな場所ですが、表が荒れて釣りにならない時に良く釣れることがあります。しかし、この日は珍しくベタ凪。期待値はほぼゼロに近いのですが、他に釣り場も無いため仕方ありません。まずは軽い仕掛けで右側のシモリ際を探って行きますが、釣れるのは赤ジャコばかり。沖もエサ取りが多く、サシエが一瞬で無くなってしまいます。基本に戻り、マキエでエサ取りを集め、更に沖を探って行きますがなかなか結果が出ません。それに比べ、表に入っている人達の竿はひっきりなしに曲がっています。3104k君も9時の時点で既に5枚をゲット。私と蔵は未だノーヒットです。それでも諦めずに粘ります。と言うより粘るしかありません。すると願いが通じたのか、ようやく遠投で30pのグレを仕留めます。これでようやく気合いが入りましたが後が続きません。そうこうしているうちに、3104k君が気を使ってまだグレが釣れていない蔵に釣座を譲ってくれます。暫く3104k君と並んで続けますが一向に状況は良くなりません。すると今度は「胴」に入っていた釣り人が、波が収まったとのことで沖の「オチ」へ移動します。これを機に3104k君と一緒に「胴」へ入り10時より再開。すると1投目から35pがヒットします。しかし、後が続かず途中からアイゴの猛攻に遭います。周りでも竿は良く曲がっていますが、釣れているのは全てアイゴです。蔵も3104k君も諦めて再び元の釣座へ戻ります。暫くして蔵が竿を大きく曲げているので様子を見に行きますが、釣れたのはやはりアイゴです。どうも周囲はアイゴに取り囲まれた様です。

003.JPG

私も遠投で沖の潮目や際スレスレを狙ったり色々試して見ましたが、なかなかグレは釣れてくれません。アイゴは穏やかな海況を好むので、この日の様なベタ凪では猛威を振るいます。こうなれば少しでも荒れた状況を狙う他ありません。となれば、右手から伸びるサラシの中しか無いのですが、そこは2ヒロあるか無いかの浅場です。浅いため敢えて無視していたのですが、こうなれば狙うしかありません。サラシの中をキープ出来る様、ウキはそのままで、ガン玉を段打ちします。すると間も無くして待望のアタリです。釣れたのは35pほどの本命。この狙いが的中でその後3連発です。しかし、潮が下がり始めるとアタリも遠のきサラシ狙いを断念します。昼を過ぎた頃に3104k君が「船着き」へ場所移動します。「トビワタリ」は「ワレ」で最も足場が悪く、長時間の釣りは大変です。3104k君も釣れない状況に加え、足がもたないとのことで断念した様です。そこで今度は私が「トビワタリ」に入ります。

005.JPG

マキエを打つと50pクラスのキツがわんさか湧いて来ます。その中にグレは居ないかと探って行きますが、キツの層をサシエが抜けると必ずと言っていいほどアイゴが喰って来ます。狙う場所をあちこちと変えて探って行きますが、このパターンに変化は全くありません。釣っても釣ってもアイゴばかりです。こうなれば後半は攻め方を変えて行きます。ハリスを1ヒロ半にして、道糸にウキ止めを装着、1.5〜2.5ヒロまでを探って行きます。仕掛けが2.5ヒロまで入るとウキがシモリ出すので、それを合図としてもう一度仕掛けを浮かせます。更に狙う場所を20m先と少し沖に変更します。際には多めのマキエを打って、キツとアイゴを釘付けにします。沖には少量のマキエを1杯だけ打ち、キツやアイゴに気付かれ無い様にします。深いタナではアイゴが大量にいるため、浅いタナで一か八かでグレだけ単独で出ないか試してみます。するとこれが的中で5連発。2匹は根に潜られ取ることが出来ませんでしたが、37pまでを3枚追加します。まだまだ釣れそうな雰囲気でしたが、沖で迎えの船が待機を始めたので14時15分納竿とします。この日の津島はどの磯でもアイゴが突然湧き出し、グレの釣果はイマイチだった様です。釣り場にも恵まれなかった3人でしたが、全員で木っ葉も含め16枚釣れたので良く頑張った方だと思います。

007.JPG

■ 釣果 ■
グレ30〜37cm 8尾 アイゴ28〜38p 15尾
■ タックル ■
竿:1.2号5m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:グレ5号 ウキ:M-00、L-00
タナ:1.5〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ4.5kg+集魚剤1袋+ヌカ3kg
posted by tarumit at 22:40| 釣り

2014年03月19日

ショッピングでヘトヘトな1日

昨日は、先日に引き続き、嫁さんの入園式に着る服を買いに朝からショッピング。今回は三田のプレミアムアウトレットへ行きました。垂水とは違い、店舗数が多い上に全てが1階にあります。お陰でその敷地面積が半端ではありません。ただでさえ女性の買い物に付き合うは大の苦手なので、現地では早々に別行動です。私は数軒のアウトドアショップを見ただけで、後はずーっと子守。

008.JPG

アウトレットは3時間ほどで退散、隣接するイオンモールも一応念のために見に行きましたが気に入ったものが無く、再びアウトレットへ移動。何とか購入することが出来ましたが、結局20時近くになってしまいました。疲れましたが、目的の物が買えたので、ようやくこれで解放されました。今週末は久々に牟岐で羽を伸ばして来ます。
posted by tarumit at 23:35| その他