2014年02月25日

牟岐でグレ爆釣!

今シーズンの牟岐は下り潮が入り、長い間不調続きでしたが、約1週間前より上り潮が流れ、グレの喰いは急上昇。土日は予約が取れないほどの混雑ぶりで、ようやく昨日2/24に釣行となりました。今回はTFCメンバー6人で牟岐津島へ向かいます。平日にもかかわらず我らが乗る馬場渡船には、ほぼ定員いっぱいの約25名の釣り人が集結。2船に分かれ午前6時30分、港を出発します。港内では13℃台だった水温も港を出る頃には既に16℃に。この時点で前回年末に釣行した時の水温を超えています。沖に出るほどに水温計の数字も上昇、釣りをする前から興奮度もMAX状態です。

017.JPG

そして7時前に抽選場に到着。まずは第一関門の船内クジです。我々6名は1、2、3、5、8、9番とまずまず。神業とも言える3回連続1番を引き当てた西村氏が、第2関門の磯区抽選に向かいます。

018.JPG

するとまたも神が降臨、前回同様、人気磯区の5番区をゲットです。我々6名は「ワレ」の「スベリ」、「西」、「トビワタリ」、「胴」、そして私が「胴横のトビワタリ」に分かれ7時半頃より釣り開始。

028.JPG

まずはウキ00の全遊動で2ヒロから探って行きます。潮は上り潮の流れと右からのサラシ、沖の「オチ」からのサラシがぶつかりかなり複雑です。仕掛けを投入する度に流れる方向が変わるのと、左からの強風でマキエを打つ場所が難しく苦戦が続きます。それでも、思い通りの流れでマキエも上手く合えばグレは喰って来ます。1枚目は30分後、その後も2時間で4枚追加します。周りでも良く竿が曲がっている様です。グレだけで無く外道も多く、「トビワタリ」の3104k君も51.5pのキツを仕留めています。

023.JPG

その後も単発でグレは喰って来るのですが、どうしても型が小さく40pクラスが出ません。そこで、G7を打って深いタナを探って行きます。すると早速竿をひったくる大きなアタリ。竿でタメ切れずに一瞬にしてラインブレイク。再び狙いますが同じく切られて意地になります。暫くしてまたも大きなアタリ。今度は1発目の突っ込みに耐え、何とか浮かしタモ入れ成功。しかし、釣れたのがグレでは無く予想通りのキツで任務完了。

027.JPG

キツと遊んでいる間に風は更に強まり、ウネリも高くなって釣り辛くなって行きます。と同時にアタリも遠のき暫く沈黙の時間が過ぎて行きます。

026.JPG

ここでまたも仕掛け変更です。1.5ヒロの所にウキ止めを付け、仕掛けが立つとウキが沈む様にG6打って1〜2ヒロ前後までを探って行きます。これで何とか単発でグレを拾って行きます。暫く我慢して続けていると13時頃から突然風もウネリも穏やかになり、再び爆釣モード突入です。最後の1時間で6枚を追加して、後ろ髪を引かれる思いで14時半、納竿とします。結局、6人で50枚近く釣ることが出来、久々にグレ釣りを堪能出来ました。私は38pが最長でしたが、TMさんが47p、久々にご一緒した秋グレさんが45pを釣り上げるなど、良型も数枚出ました。まだまだ釣れそうな雰囲気ですので、また機会があれば挑戦したいです。

031.JPG

■ 釣果 ■
グレ31〜38cm 16尾 アイゴ30〜34p 2尾 キツ47p 1尾
■ タックル ■
竿:1.2号5m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:グレ5号 ウキ:M-00、L-00
タナ:1.5〜3ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ4.5kg+集魚剤2袋+ヌカ3kg
posted by tarumit at 23:09| 釣り