2014年01月08日

2014姫路・妻鹿で初釣り

去る1/4に妻鹿5番波止にTFCメンバー3人とともに初釣りに行って来ました。釣り場確保のために出船2時間前に到着したにもかかわらず、渡船乗り場には既に先客が17名。しかし、先客の中に知人である黒闘会のK氏を発見、何とか場所取りをお願いして北から1、5、6、7番目を確保。黒闘会のメンバーはグレ狙い、我々はチヌ狙いで日の出とともに釣り開始。じゃんけんで負けた私は一番北側に入って、全遊動で探って行きます。

048.JPG

ファーストヒットはフグ。その後もフグ・フグ・針が無い・フグ・フグ・針が無い・フグ・フグ・・・・・
一向に本命のアタリはありません。その間、3番目から南側に入った釣り人達の竿はひっきりなしに曲がっています。我慢の釣りが続く中、10時頃ようやく潮の流れが変わった途端、ようやく本命らしきアタリ。タモに収まったのは30p弱のきれいなチヌです。これで爆釣モード突入かと思われたのですが、後が続きません。そうこうしているうちに黒闘会のメンバーが賑やかになって来ました。

 黒1「グレが浮いて来ましたよ!」
 黒1「沖でもめっちゃ浮いてますよ!」
 私「・・・・・」
 黒2「ヨッシャー浅ダナや、行け行け〜!」
 私「・・・・・」
 黒1「来ましたよ〜、良型です」
 黒2「俺も来たでぇ〜、沖で喰わしたぞ〜」
 黒3「こっちも来ましたよ〜、ええグレですわ」
 私「・・・・・」

ここから黒闘会のメンバーはグレ爆釣モードに突入です。私は相変わらずフグ爆釣モード確変中。早々にチヌ狙いを諦め、こっそりグレ仕掛けに変更していたのですが、私の釣座前には一向にグレは浮きません。見た目には穏やかなフリをしていますが、頭の中はイライラがつのって行きます。いつまでも紳士ぶっていても始まらないので、我慢しきれない私は奥の手を使います。「必殺!横取り釣法」発動です。黒闘会メンバーがグレを釣って、ライブウェルに入れている間にこっそりポイントに仕掛けを入れます。与えられた時間は長くても1、2分。せこい釣りですが、これで何とか3枚のグレがキープ出来ました。しかし、この釣りも自分のペースで出来ないので、頭の中のイライラは解消出来ません。暫くして12時に迎えの船がやって来て釣り人が数人帰って行きました。

047.JPG

TFCのメンバーから「横が空きましたよ」と声を掛けて頂きましたが、諦めきれない私はもう少し粘ることにします。グレを寄せる方法を色々と模索していると、たまたま黒闘会の2人が仕掛けが絡み、手間取っています。「チャンスは今しかない」と思い、大量のマキエを広範囲に打ち込みます。すると、ようやく私の釣座前にもグレの乱舞が始まります。こうなればこっちのもの、ようやく連チャンモード突入です。グレの群れを逃さない様、取り込み中もマキエを打ち続けます。マキエの入れ過ぎで、喰いは長続きしませんでしたが、グレ5枚、チヌ3枚を追加してフィニッシュ。メンバーではせきやんさんがチヌ8枚でトップ釣果、たばこ屋さん、ひろさんはチヌは拝めたもののサイズが小さくキープゼロと言う結果に終わりました。

050.JPG

■ 釣果 ■
グレ27〜32cm 8枚 チヌ27〜44cm 4枚
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号、チヌ2号 ウキ:M-0、M-00、L-000
タナ:1m〜4ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤2袋+ヌカ5kg      
posted by tarumit at 12:53| 釣り