2014年01月14日

眠いっ!

昨日は釣りから帰って、入浴、夕食後、寝ずに仕事開始。前日の睡眠が1時間で眠い目をこすりながら朝まで頑張りました。そして今日は10時に起床。今からFXをやります。昨日、調整?が入ってやや円高に傾きましたが、今日は何とか持ち返しています。まだ、頭はぼんやりしているんで、正しい判断が出来るか分かりませんが、暇潰しにやってみます。ドル円105円復活を期待っ!
posted by tarumit at 11:29| その他

2014年01月13日

妻鹿で撃沈

本日、今年2回目となる妻鹿へTFCメンバー3人、黒闘会メンバー2人と行って来ました。年末、年始はグレ、チヌともに好調だったのですが、数日前からグレの姿は消え、チヌも数が出無くなったとのこと。そのためか、1/4には1番船で50名ほどが並んでいたのですが、今日は20名ほど。お陰で休日と言うのに、釣座確保も楽々出来ました。北から黒闘会2人が、3〜6番目に我々TFC軍団が入り7時に釣り開始です。因みに私は前回フグ地獄に陥った一番北隅を避け、6番目に入りました。

028.JPG

まずは竿2〜3本先を全遊動仕掛けでチヌを狙います。しかし、開始早々から左に激流が流れ、仕掛けが中々落ち着きません。ガン玉を付けたりウキの浮力を変えたり、色々と試しますが思う様に行きません。また、隣との間隔が狭いため仕掛けが絡むこともしばしば。そうこうしているうちに、3番目に入った垂水のチヌ名人、せきやんさんがファーストヒット。その後、連続して北側、南側の釣り人が立て続けにチヌを掛けて行きます。なのに、私と右隣のまさには一向にアタリがありません。休憩がてらに周りの様子を伺うと、北側、南側は比較的潮が緩く、中央付近のみ、沖の温排水が当たって、流れが速くなっています。この状況を考えて、このまま続けても釣れる可能性が低い、と言うよりまともに釣りが出来ないと判断して、一か八か空いている一番北の隅へ移動します。しかし、やはり1投目からフグがお目見えです。その後もフグとタナゴしか釣れません。途中からチヌ狙いを諦め、ダメ元でグレを狙いますが、釣れる魚種に変化はありません。結局、12時頃まで粘りましたが、手の打ち様が無くギブアップ。元の釣座に戻ろうか、他を探すか思案をしていると、せきやんも早々にチヌを掛けた後は全く音沙汰無しとのことで、釣座を譲って頂きました。早速、際近くにマキエをパラパラと撒いていると、深い所でグレらしき魚影が見えます。しかし、その浅い所ではそのグレらしき魚を護衛するかの様にタナゴの集団が漂っています。試しにダイレクトに狙って見ましたがやはりサシエが全く通りません。また複雑な潮の流れに翻弄され、イメージ通りの釣りが出来ません。それでも、交通事故でも起きないかとひたすら粘ってみます。すると、とうとう事故が起きました。竿1本先、タナ2.5ヒロ位の所でかすかにマーカーが走ったので、半信半疑で合わすと、この日初めての本命の感触。ようやく念願のグレがヒットしてくれました。その後も事故が2回起き、何とか3枚ゲットして終了です。チヌ坊主に終わってしまいましたが、もう無理と言われたグレが釣れたので一応は納得です。この日は南側でチヌが爆釣で、15枚釣っている人も居ました。我々は黒闘会のF氏が6枚でトップ、6人でチヌが12枚、グレが5枚、ハネが1尾と言う、妻鹿らしく無い貧果に終わりましたが、黒闘会メンバーの「お・も・て・な・し」で楽しい1日を過ごすことが出来ました。

031.JPG

030.JPG

■ 釣果 ■
グレ27〜29cm 3枚
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.2号 針:グレ3号、チヌ2号 ウキ:M-0、M-00、M-B
タナ:1.5〜4ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤2袋+ヌカ5kg      
posted by tarumit at 22:44| 釣り

2014年01月11日

12月米国雇用統計

1/10は月に1度の米国雇用統計。
FXをやる人間にとっては厄介な指標である。私もその一人であるが、この指標の結果次第で大損をすることもある。毎回、データを取って山を張るのだが、結構これが裏切られてしまう。しかし、今回はアベノミックスで珍しく大損をしている私は、敢えて勝負をせずに見守ったのである。大方の事前予想では強い結果が出るとのこと。しかし、結果は弱い結果が目立った。危なかった。問題は月曜からの動向。ある程度調整が入るとは思うが、恐らく円安は続くと思われる。それにしても楽して儲けられませんね。
posted by tarumit at 00:15| 株・FX