2017年02月19日

垂水東でチヌ狙い 第2弾

昨日はTFCの蔵之臣君が怪我からの復帰で久々に垂水に来るとのことで、大波止まで会いに行って来ました。まだ完全な状態で無いため、足場の良いケーソンでまさと一緒に竿を出していましたが、それでも辛そうです。

003.JPG

私も一応釣りの準備をして来たので、横で竿を出そうと思ったのですが、全く生命反応が無いとのことで一人福田川河口へ移動。いつもの釣座が空いていたので、すかさずそこへ入り14時ジャストにスタートです。

004.JPG

この日は小潮と言うことで流れは穏やか。きつい2枚潮も無く釣り易い状態ですが、前回よりも海藻が伸びてちょっと邪魔です。まずはタナ3.5ヒロ、サシエはオキアミで竿1本先前後のテトラ際を流して行きます。水温は10℃を切って氷の様に冷たいのですが、流す度にサシエが取られ、エサ取りは活発です。エサ取りを避けるため、狙うポイントを少し沖目に変えるとようやく本命がヒット。開始1時間で幸先良いスタートです。その後、16時15分にオキアミで、16時30分にネリエでチヌを追加して17時にエサ切れで終了です。

僅か3時間ほどの釣りでしたが、この時期にしては珍しくアタリも頻繁にあり、退屈無く遊べました。納竿後は釣りを終えたまさ、蔵之臣君と再会し、しばしテトラの上で談笑。彼は後遺症で竿を握る利き腕がまだ完全に伸びない状態。私も過去に右手指2本骨折して、包帯ぐるぐる巻きにして西5番で釣りをした時のことを思い出し、怪我をしても釣りだけは止められない、言わば釣りキチとしての「宿命」みたいなものを感じました。兎に角早く治して、また一緒に磯で大暴れしたいですね。

008.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 33〜41p 3尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-G2 ガン玉:G4+G6 タナ:3.5〜3.8ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ4s+パン粉1s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 10:50| 釣り

2017年02月09日

姫路妻鹿5番

昨日はTFCのまさが仕事が休みとのことで、1年振りの妻鹿へチヌ狙いに行って来ました。昨日は妻鹿恒例の「場所取り」をしていなかったのですが、平日と言うこともあり現地1時間前到着で6、7番目を確保。5時50分の1番船で通称5番へ向かいます。現地到着後、5番目までの釣り人は南北の両端に入られたので、我々は選択の余地無く空いている間に入り、夜明けを待って6時半頃スタート。

001.JPG

開始早々からボラの数が凄いことになっています。テトラの際から沖の排水まで一面ボラで埋め尽くされています。しかも、あちこちでジャンプしまくりで多い時には同時に20匹以上が飛び跳ねています。本来、ここでは軽い仕掛けでウキごと沈める遠投探りが主流なのですが、これではボラを掛ける可能性が高いので、重い仕掛けできっちりとタナを取って狙って行きます。

7時を過ぎた頃から南北端の釣り人が交互に竿を曲げ始めます。チヌも釣れてはいますが、やはりボラの方が多い様です。8時頃には殆どの釣り人が1〜3枚ほどのチヌを手にしているにもかかわらず、中央付近の我々はいまだボラ以外のアタリはゼロ。潮のせいにはしたく無いのですが、ちょうど私とまさが入った釣座は温排水の引かれ潮がもっとも加速する所で、この日も渦を巻きながら左へ川の様に流れ、仕掛けがすぐに隣の釣座前まで流れてしまいます。仕掛けが馴染んだ頃に回収しなければならず、なかなか思う様な釣りが出来ません。

そんな中、隣とその隣の釣り人が同時にチヌを釣り上げた瞬間、仕掛けが流せる絶好のタイミングがやって来ます。上手く潮に乗り左沖に20mほど流れた時に一気にウキが消し込まれます。同時に隣のまさにもアタリ。2人同時ヒットです。私はようやく本命ゲット。

003.JPG

まさは残念ながら巨大ボラ。

004.JPG

その後も隣の釣り人が仕掛けを入れるタイミングを見計らって、仕掛けを流すパターンで、単発ではありますがチヌがヒットする様になります。その後、まさにも良型のチヌがヒットです。

005.JPG

お昼前になり、隣の釣り人が昼食タイムに入ったので、一気にエンジン全開です。30分ほどの間に5連続ヒット。ようやく年無しもゲットです。

006.JPG

午後からは潮が更に速くなり釣れるペースは落ちますが、何とか計12枚のチヌを仕留め迎船前の14時30分にフィニッシュです。

この日は前述しました様にボラが特に厄介でした。写真では分かり辛いかもしれませんが、水面には100〜200匹ほどのボラの群れが無数にあり、ヒレを出して泳いでいます。

007.JPG

これがラインを引っ張り回します。また、軽い仕掛けで穂先でアタリを取ろうとしても、このボラのせいで常にアタリの様な動きが出るのでアワセが難しくなります。またラインを張っていると、ボラが勝ってに掛かって来るので、これも×です。仕掛け回収の際も急ぐとボラの体の引っ掛かってしまうので、ゆっくり巻き上げないといけません。またウキに出るアタリも、チヌなら見えなくなるまで入って行きますが、ボラの場合は一度サシエを吸い込んでもすぐに吐き出すので、ウキは一旦入ってすぐに浮き上がって来ます。ですので早アワセは禁物です。
以上、ボラ対策です。妻鹿釣行のご参考にして頂ければ幸いです。

008.jpg

■ 釣果 ■
チヌ 35p〜50p 12尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.2号 針:チヌ2、3号
ウキ:M-2B ガン玉:B+G7+G7 タナ:3.5〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤2袋+ヌカ4s+パン粉2s
サシエ:オキアミM、2L
posted by tarumit at 12:30| 釣り

2017年02月05日

垂水東でチヌ狙い

昨日は久々に釣りに行って来ました。場所は垂水東、福田川河口でチヌ狙いです。現地にはお昼前に到着。既に同じくチヌ狙いのフカセ師が4人居られ、空いている河口先端に一緒に行ったまさが、南から20m付近の所に私が入り午後からスタート。

DSC_0071.JPG

潮は当て気味に南へ流れ、表層は本流の引かれ潮で結構速く滑っています。まずはウキ下3.5ヒロに設定。ウキが浮いていると、表層の潮に引っ張られるため、仕掛けが立てば徐々にウキが沈む様にガン玉を調整して底まで探って行きます。しかし、一度もサシエが取られること無く1時間が経過。周りも釣れている雰囲気は無く、早くも諦めモードが漂う中、ようやく右隣の釣り人がチヌをゲット。するとそこから両隣で交互でチヌがヒットし、私一人が取り残された感じで意気消沈。15時頃からは潮が完全に止まり、再び沈黙モード。私は未だサシエさえも取られない状況が3時間続いています。ここで気分転換を兼ねて周辺をブラブラ。まさもコブに一発飛ばされただけでチヌのアタリはゼロとのこと。

15時半頃、釣座へ戻り再開。潮も止まっているため、ここで沈め探りをやめてきっちりタナを取って釣る方法に変更。ガン玉を一つはずし、タナ4ヒロ弱で底ぎりぎりを狙います。サシエも目立つ様にオキアミ2匹掛けでまずは1投。すると仕掛けが立つと同時にこの日最初のアタリ。しかも本命の重量感。しかし、喜びも束の間。何とチモト切れで痛恨のバラシです。この時期、しかもこの時間帯でのバラシはきついです。バラシた後はアタリが遠のくので、残り時間、マキエの残量を考えても本来ならここで終了です。消化試合と考え、ダメ元で再開。すると何と何と何と、またもアタリです。半信半疑でアワセを入れると先ほど以上の重量感。今度は慎重にやり取りをしてようやく本命をゲットです。その後マキエが無くなるまで15分ほど粘りましたが、アタリは無く16時半に終了です。

この日はチヌ狙いの釣り人は最終的には7人居ました。釣果が確認出来たのが私と両隣の釣り人の計5枚ですが、チヌかコブかは分かりませんが、他でも竿が大きく曲がっているのを目撃しました。今後、乗っ込みに向けて、ますます期待が持てると思いますね。

DSC_0075.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 45p 1尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-G2 ガン玉:G4+G7+G7 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ4s+グレ用余りエサ
サシエ:オキアミ、ネリエ
posted by tarumit at 10:08| 釣り