2022年10月04日

明石港で釣り三昧

私にとって、1年で一番忙しい季節がやって来ました。勿論、釣りの話ですが、秋は狙う魚が多く、欲張りな私はターゲットを絞り切れずに色々とやってしまいます。ノマセを筆頭に、エギング、サビキ、フカセとどれも外せません。ただ、今年は7月頃から両肩がいわゆる五十肩になり、特に左肩は全く肩が上がりません。右肩も肘を腰に当てながらなら竿は振れますが、魚とのやり取りには苦痛が伴います。そこで厄介なのがフェンスです。杓を左手で振る私は、今は下からで無いと振れず、フェンスのあるアジュールや大蔵海岸ではフカセが出来ません。そんな中、サトシF君がノマセ、フカセをフェンスの無い明石の波止でするとのことで同行させてもらいました。

場所取りのため、現地には午前3時過ぎに到着。目当ての波止先端を陣取り、まずはノマセ用のエサを確保するため、サビキ釣りを開始します。予報とは違い、爆風が吹く中ラインが取られて苦戦しますが、何とか1時間ほどを掛けて30匹ほどの小アジを確保します。まだ夜明けまで時間があるため、暇潰しでエギングを行いますが、兎に角風が強くて早々に断念。適当に時間を潰し、満を持して5時30分にノマセ開始です。

DSCF5708.JPG

この頃になると風も弱まり、流れも穏やかです。まずは掛け針を付けてアオリを狙います。開始15分、幸先良く胴長16pがヒット。

DSCF5710.JPG

続けて15p。

DSCF5712.JPG

ここで一旦アタリが止まり、狙いを青物に変更します。仕掛けを沖に投入して暫くするとウキが一気に消し込み、同時にリールからラインがどんどん出て行きます。30秒ほど待って、竿先に魚の重みを感じた瞬間にアワセを入れますが空振り。仕掛けを回収すると針上の所でスパッと切れています。青物では無くサゴシかタチウオかと思われます。その後はアタリ無く沈黙が続きます。

9時半頃になり、サトシF君がフカセを始めるとのことで、暫く様子を見させてもらいます。15p前後の木っ端が続いた後に徐々にサイズアップ。25p前後が3枚釣れた時点で私もフカセにチェンジします。潮が横に走るため、波止先端からは2人で狙えないため、私のみテトラ側へ移動します。際にはオセン、竿2本先は木っ端の群れ、更に先は小アジだらけと言った状況ですが、アジが出ない所ではたまにコマシなサイズのグレが出ている様です。ただ、そのタイミングが難しく、ノーコンのアンダースローではなかなか思う様に攻め切れません。ミスショットの連発ですが、たまにコントロールとタイミングがピタっと合えばキープサイズが釣れてくれます。

DSCF5713.JPG

後半はどこを釣ってもアジだらけとなり、フカセは3時間ほどで終了します。潮はまだ走っていますが、まだ「青物を釣る」と言うミッションはクリアしていないため、再びノマセを再開しますがやはり無反応。朝が早かったのと、色々やり過ぎて疲労困憊でとうとうギブアップ。14時に完全終了とします。

久々にフカセをやりましたが、やはり思い通りに体が動きません。実は週末にグレの大会があるのですがかなり不安です。
今年は欲張らずにターゲットを青物に絞り、大人しくしておきます。

DSCF5717.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜29p 4尾、アオリイカ15〜16p 2杯
■ タックル (フカセ)■
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:1ヒロ前後
■ タックル (ノマセ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:円錐2号 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 16:46| 釣り

2022年09月28日

垂水西で青物炸裂!

27日、この時期恒例の青物狙いに垂水西3番へ行って来ました。今回の同行者は私同様、ノマセ釣り大好きなサトシF君です。いつもの如く、現地到着後すぐにサビキでエサとなる小アジの確保です。この日は小アジの群れがいつもより多く、試しにタモで掬ってみると...

DSCF5698.JPG

この様に一度で大量に捕獲出来ます。お陰で10分ほどで50匹以上をキープ。午前6時頃よりノマセ釣り開始です。朝一のまだ薄暗い時間帯はとりあえずタナを深くして、掛け針を装着して、アオリ、青物の同時狙いです。暫くすると先端に入っていた常連さんがエレベータ仕掛けでいきなりヒット。しかし、これは残念ながらライン切れでバラシ。続けて今度は私もヒット。しかしこれもラインブレイク。この日は早朝の時合いで良型が回遊している様です。仕掛けをハリス2号から3号に変更。掛け針を外して青物1本に的を絞ります。

その20分後、再び目の覚める様なアタリ。またも良型で、私のタックルでは獲れるかどうかギリギリのサイズ感です。10分ほど時間を掛け、魚を何とか弱らせ無事ランディング成功。

DSCF5696.JPG

久々の60pUPです。持参したクーラーボックスが小さいため、お土産はこれ1本で十分です。とは言え、まだ時刻は6時半。サトシF君にまだ釣果が無いため、暇つぶしで再び掛け針を装着してアオリ狙いに専念します。その後、西向きの流れが走り出し、青物の時合いは終了。私もまぐれでアオリが1杯だけ釣れましたが、その後は沈黙の時間が続きます。

時刻は午前8時30分。本流は西向き最強潮流を迎えます。いつもならこの辺りで終了のタイミングですが、2人とも当日午前中は時間が取れるため、次の転流(潮止まり)に再び時合いが来ると見込んで延長戦に入ります。

間もなく潮止まりを迎える11時頃、ようやくサトシF君に待望のアタリ。大物用で臨んだハードタックルでは相手不足だった様ですが、何とか念願の1本を仕留めます。

DSCF5700.JPG

このサイズは群れで入ることが多いため、その後30分ほど粘りますが、お互いアタリ無く11時半頃に終了です。

9月に入ってから、西向きに潮が流れると大阪湾からの濁りが入り、どうも青物が嫌がっている感じがします。ひどい日は海が少し茶色掛かったモスグリーンに変わります。西3番は東流になると釣り難いですが、潮が澄んで来るので、青物の期待度は高まります。

■ 釣果 ■
ハマチ 65p 1尾、アオリイカ 16p 1杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号
ウキ:円錐2号 タナ:3.5〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 10:43| 釣り

2022年09月17日

垂水西で泳がせ釣り

金曜日、2ヶ月振りに泳がせ釣りに行って来ました。場所はいつもの垂水西3番です。
現地到着は午前5時。まずはエサとなる小アジの確保です。サビキで狙おうと思ったのですが、試しにタモで掬ってみるといとも簡単にゲット。僅か10分ほどで青アジ主体に30匹ほどをキープします。

5時半に泳がせ釣り開始。まずは、アオリを狙うため、掛け針を付けてタナ5ヒロを狙ってみます。ウキを流している間は、エギングで暇つぶし。開始30分、エギをキャストしてカウントダウンをしながらウキを眺めていると、海面からゆっくりと消えて行きます。と同時にスプールからラインがどんどん出て行き、慌ててエギを回収。竿を持ち替えフッキングも成功。

DSCF5681.JPG

幸先良く41pのツバスをゲットです。メインの針は外れており、掛け針で獲れた1本です。その直後、同行のサトシF君もヒット。1.5号の竿なので時間が掛かってます。

DSCF5683.JPG

先ほどとほぼ同じサイズです。ここからは連チャンモードに入り、2人で交互に竿が曲がります。1時間ほどの間に2人で7本をゲットし、7時頃には時合いが終了します。十分にお土産も確保出来たので、ここで終わっても良かったのですが、時刻がまだ早いためもう少し暇つぶしで続けてみます。

その後、2時間ほどは沈黙が続き、納竿間際に私が1本追加して9時半に終了します。

当日は早朝からボイルもあり、結構まとまった群れが入っていた様です。ただサイスはどれも40pほどで、型はイマイチでした。タナは1本目こそ5ヒロで釣れましたが、その後は2〜3ヒロで喰って来ました。次はメジロサイズを期待したいですね。

DSCF5690.JPG

■ 釣果 ■
ツバス 41〜42p 4尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ2号
ウキ:円錐1号 タナ:2〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 21:46| 釣り