2019年04月22日

東レ懇親チヌ釣り大会

昨日は東レの大会で小豆島まで行って来ました。今シーズン最初の大会ではありますが、苦手なチヌ狙いと言うこともあり、気合不十分での参加です。今大会の参加者は約50名、チヌ5尾までの総重量を競います。今回はトーナメントではありませんので、次大会への切符はありませんが、上位者には豪華賞品が贈られます。

さて、受付を済ませ、私が引いた番号は3番。飾磨渡船で小豆島南部を目指します。

DSC00010.JPG

1時間20分ほど船に揺られ、私が降りた磯は「一本松の三角」です。10年以上前にグレの大会で1度上礁したこのある磯です。お相手はチヌ釣りの名手、木下慎也さん。私より年下ですが、チヌ釣りでは足元にも及びません。そんな方がお相手ですから、釣り開始前から白旗です。

釣りで負けてもせめてじゃんけんでは勝たねばと気合を入れて、何とか勝利。本命と思しき@を陣取り7時にスタートです。

DSC00021.JPG

DSC00012.JPG

状況がさっぱり分からないので、まずはウキ000全遊動で沖を探って行きます。潮は右に流れているために、マキエ係にならない様に少し左側に遠投します。遠投と言っても、最近チビの野球の相手で痛めた右手では30m位が限界です。一方、木下さんは私より更に10〜15m以上をど遠投で探っています。

エサ取りが多く、2時間経過した時点でお互い釣果はありません。9時半頃、ようやく沈黙を破ったのが木下さん。やはりさすがです。私も負けじとブンブン竿を振りますが、いくら頑張っても40m以上の遠投が出来ません。未だアタリもゼロで外道さえも釣れない私は、相手と同じ様に釣っても勝ち目は無いと判断して、思い切って仕掛けを変更します。ウキを2Bに替え、4.5ヒロにタナを設定、一気に仕掛けを入れて底狙いに徹します。ウキを見る釣りなので、見易い様に投点も20m付近に変更します。すると何と1投目で本命がヒットです。

DSC00016.JPG

ようやくこれで一安心です。気を良くして再び同じ所に仕掛けを入れると、まさかの連チャンです。やっと波に乗れたと思ったのですが、ちょうどここで釣座交代の時間を迎えます。Aは@よりも浅く、手前にはガラ藻が茂っています。20m位の距離では藻に掛かりそうなので、再び頑張って30m付近まで投げてみます。するとまたも奇跡が起きます。交代後15分、3枚目がヒット。そして間も無くして4枚目をゲットします。木下さんも1枚追加しますが、11時の時点で名手に4対2でリードです。まさかの展開にちょっとだけ優越感に浸ります。これまでのペースを考えても残り2時間で1枚釣るのは容易で、チヌの大会で久々のリミットメイクが見えて来ます。しかし、ここから厄介者が私の釣りを邪魔し始めます。

DSC00019.JPG

コブの親子が交互に竿を曲げてくれます。親が来ると、今の私の腕では耐え切れずラインブレイクです。子の方は獲れるのですが、腕にダメージが残ります。結局、途中からコブの集団にいじめられ続け、気が付けばあと1尾追加出来ずに13時にフィニッシュです。ところが、木下さんはその後、怒涛の追い上げを見せて、納竿30分前に5枚目を釣り上げてリミットメイクです。やはり名人にはかないません。

結局、私は4枚4660gと言う結果で5枚は揃えられませんでしたが、私にしては上出来だったと思います。一緒に行ったせきやんさん、ウミノリダー君も上位入賞は果たせませんでしたが、3人ともボウズは免れチヌ釣りを楽しむことが出来ました。
これで一旦チヌ狙いは終了です。暫くはグレ釣りに専念したいと思います。

DSC00023.JPG
(2枚は放流したため写真には写っておりません)

■ 釣果 ■
チヌ 38〜45p 4尾、コブダイ 33〜40p 5尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:L-000→M-2B ガン玉:G6→2B タナ:4〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1袋+ヌカ6s+パン粉2s
サシエ:ネリエ、オキアミLL
posted by tarumit at 00:18| 釣り

2019年04月14日

垂一でまさかの...

先週の垂一釣行で味をしめて、昨日もせきやんさんと行って来ました。今回も西側で降りて、前回よりやや東寄りに釣座を構えて7時30分にスタートです。

DSC00009.JPG

スタートから潮は東側に激流です。当日は小潮なので、潮はあまり動かないと読んでいたので意外です。ただ、前回はこの激流の方が良く釣れたので、逆に期待出来ます。しかもこの日は釣人が少なく流し放題です。まずは3.5ヒロで竿1〜2本先を流して行きます。しかしこの日はたまにサシエが取られる程度で、魚の反応はあまり良くありません。時期的に瀬戸内から潮が入ると水温が下がるので、そのせいかもしれません。

9時半頃から潮が緩み出すと、アタリが頻繁に出る様になります。際にもオセンが群れを成して出て来ます。ファーストヒットはベラ。

DSC00017.JPG

その後も釣れるのはベラばかり。たまに針も取られるのでフグも居ます。際狙いを諦め、沖を深ダナで狙ってもベラが真っ先に喰って来ます。サシエをオキアミ、エリエ、コーン、サナギと色々試しますが、全く効果がありません。小1時間で10匹ほど釣れた時点でギブアップです。潮が変わるまで小休止に入ります。

昼前より潮が西へ流れ出したのを機に再開です。やはり状況は同じで早々からベラが連発します。ここで仕掛けを替え、ダメ元で早朝に採取したアオサをエサにグレを狙ってみます。1時間ほど試してみますが、やはり時期が早い様で無反応です。再び仕掛けを戻し、オキアミで流して行きます。13時半頃、またまたベラの様なアタリをやる気無く合わせると、この日初めての重量感です。本命を期待しますが、その重量感とパワーに違和感を感じます。底は切れずに魚は沖に出て行きます。この時点で魚はコブだと思い、強引に魚を浮かせて行きます。すると、赤いはずの魚体が、日の光で反射してキラリと一瞬輝きます。「まさか巨チヌ?」そう思い、ここから慎重にやり取りを始めます。数分後ようやく水面に浮いたその魚を見て唖然。何とオキアミを喰って来たのは立派なスズキです。

その後は暫くはベラ、フグがたまに釣れる程度でさっぱり。14時過ぎからは今度は潮が西へ走り出し、ラストスパートを掛けますが、朝一同様サシエが残り始めます。結局、15時半まで粘りましたが、本命のアタリ無くまさかのボウズで終了です。

せきやんさんは後半に何とか1枚を釣られましたが、他もあまり釣れて居らず、2枚釣った人は居なかった様です。
前回と比べると、圧倒的にエサ取り、特にベラが増えてどんなサシエを使っても喰って来ます。私の腕ではこんな状況でチヌを釣ることが出来ません。ですので、次回からはグレ狙いい専念したいと思います。

DSC00018.JPG

■ 釣果 ■
スズキ 79p 1尾、ササノハベラ 10〜20p 20尾以上
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-3B ガン玉:2B+G4 タナ:3.5〜5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ6s+パン粉2s
サシエ:オキアミLL、ネリエ、コーン、サナギ
posted by tarumit at 12:10| 釣り

2019年04月07日

垂水一文字

TFCのまさが久々に帰省するとのことで、週末は一緒に釣りに行くことに。しかし、福田川河口のチヌも、今年は水温が高いせいでエサ取りが例年以上に多く、3月末以降はあまりいい噂を聞きません。グレのシーズンにもまだ早いし、悩んだ挙句、せきやんさんもお誘いして土曜日に垂水一文字へ行って来ました。私は13年振り、まさは6年振り、せきやんさんは初めての垂一です。

7時の一番船に乗り込み、我々3人は西側で居ります。さすがにチヌが好調と言うことで、外側テトラはすぐに釣り人で埋まって行きます。我々はポイントが分からないため、兎に角空いている場所に3人が並んで入ります。早々に準備を済ませ7時30分に開始です。

DSC00051.JPG

しかし、いきなりの激流で全く釣りが出来ません。東側にせきやんさん、西側にまさ、私はそれぞれ15mほど間を空けて真ん中に釣座を構えますが、仕掛けを入れて5秒ほどでまさの釣座前まで流れてしまいます。ここまでの激流を予想していなかったため、手持ちのウキは3Bまでしか準備をしておらず、これでは全く仕掛けが入りません。結局2回流して一旦休止です。潮が緩むまで朝食を取ったり、まさと2人でテトラで穴釣りをして時間を潰します。そんな中、一人激流の中頑張っていたせきやんさんがファーストヒット。それを見て私も再開します。まさがまだ休憩中なのでどんどん流して行きます。すると50mほど流れた頃にウキが全く見えなくなったので、半信半疑でアワセを入れると私も本命がヒットです。

DSC00057.JPG

型は小振りですが、逆流の中、50m先からテトラ際を寄せて来るのは大変な労力です。その後、まさも再開し同じ様に延々と流しすぐに本命ヒット。これで全員ボウズは免れます。

DSC00059.JPG

私もその後、まさが仕掛けを入れるタイミングに合わせて流し、2枚目を掛けますが前述の様に大変な労力に腕が耐え切れず、根に入られてバラシます。こんな激流が2時間ほど続いた後、ようやく11時半の転流を迎えます。大潮と言うことで潮止まりの時間が僅かなので、必死になって頑張り2枚追加します。その後は今度は東向きに潮が走り出すと、またまた仕掛けが入らずに苦戦が続きます。ここでもせきやんさんが休憩中に仕掛けを流し続け、何とか1枚追加します。この流れも2時間ほどで終わり、その後再び潮が緩んだ状態で更に1枚追加です。ラスト1時間は潮が完全に止まり、フグの猛攻に遭います。

DSC00061.JPG

最後はこの日のファーストヒットのせきやんさんがファイナルヒットで終了です。

DSC00063.JPG

実質8時30分〜15時半までの久々の長丁場でしたが、何とか3人で2ケタ釣果が達成出来ました。久々の一文字でしたが、こんな激流でもチヌが釣れることにちょっと驚かされました。一文字での釣りで肝になるのは、激流でも耐えられる仕掛けと潮下の釣り人との間隔だと思います。短時間で仕掛けを立たせ、チヌが居るタナを長時間流すことが出来れば必ず釣れると思います。

DSC00068.jpg

■ 釣果 ■
チヌ 35〜41p 5尾、クジメ 22〜23p 2尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-3B ガン玉:2B+G4 タナ:3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ6s+パン粉2s
サシエ:オキアミLL
posted by tarumit at 23:25| 釣り